6月17日(土)『ライフセービング教室第2回目』を開催しました。
1週間前の第1回目開催に引き続き、天気に恵まれ海日和となりました。

まず最初にボードウォークに集合し、シーバート茅ヶ崎様より挨拶と説明がありました。
子どもたちは少し緊張気味の表情でお話を聞いていました。

1601.JPG

まず最初におこなったのは砂かきのお仕事!
『今日は最初にみんなにお仕事をしてもらいます。』と説明がありました。
『みんなが通るサイクリングロードに砂がたくさんたまってしまって通りにくくなってしまっているので、今からみんなで手分けして、砂をかきだしましょう!』とのことでした。
こどもたちは大きなスコップや小さなシャベルをもって一生懸命砂をかきだして道をきれいにしました。
海に来た人みんなが安全に通れるように整備するのも大事なお仕事なんですね。

1602.JPG

さて次のお仕事は・・・
ビーチクリーンです。砂浜にはたくさんの漂流物やごみが落ちていました。
ゴミ拾いをしながらきれいな貝殻も拾っていた子どもたちもいました。
スタッフの方が『ゴミはどこから来ると思いますか?』と質問をしました。
そして『海に流れてくるゴミは川から流れてきて、その川のゴミは人間が捨ててしまっているのがほとんどです。茅ヶ崎の海でもバーベキューをする人たちがいますが、その人たちのなかでもゴミを持ち帰らないでそのまま置いて行ってしまう人達がいます。ゴミはきちんと持ち帰りましょう!』と教わりました。海に流れてしまったビニールなどのゴミは海の生き物たちが餌と間違えて食べてしまう事があるそうです。一人一人が意識をして川や海をきれいな状態
を保てるといいですね。

1603.JPG

1604.JPG

ビーチクリーンの後はTバーの説明がありました。
ここには釣りをして楽しむ方が多く、何が釣れるのかを聞いてみました。
場所にもよるそうですが、この辺りではクロダイやシロギス等が釣れるそうです。ただ、この場所は岩場となっており、岩場の先はテトラがあります。子どもだけで登るのは危険なため、必ず大人の人と一緒に登り、テトラには乗らないようにしましょう、とお話しがありました。

1605.JPG

そしていよいよ海に入ってのボート体験です。
みんなで準備体操をして海に入ります。
ボートにはみんなとても楽しそうに乗っていました。
ジェットスキーやエンジン付きのボートに乗る際にはスタッフの方が子どもたちを抱えて海の中へ行きましたが、さすがライフセーバーさん筋肉がムキムキでした。ジェットスキーに乗った子どもたちは『すごく早かった!落ちそうだと思っていたけど、お兄さんがつかんでてくれた!楽しかった!』と本当に嬉しそうでした。

1606.JPG

1607.JPG

今回とても貴重な体験ができて子どもたちにとっても、大人にとっても良い経験となりました。子どもたちからも『楽しかった!また行きたい!』との声もありました。少しの時間でしたが、ライフセービングのお仕事がどんなものなのかを学ぶことができてよかったと思います。

次回は7月1日を予定しています。

児童クラブ

児童クラブは、放課後の健全な育成を必要とする児童が、「ただいま!」と帰ってきて、おやつを食べたり、宿題をしたり、異年齢の子どもたちと遊んだり、お手伝いをしたりして安全に楽しく過ごす…そんな所です。

児童クラブについて