6月10日(土)に「しかけカード&えほん教室」を開催しました。今回の講師は鎌倉でしかけえほんの専門店、メッゲンドルファーを営む嵐田さんです。

1年生~5年生まで全部で18名の児童と、8名の保護者の方、計26名が教室に参加しました。

HP用①.jpg

教室は嵐田さんが持って来て下さった様々なしかけ絵本の紹介からスタート。しかけ絵本の歴史や面白さ、沢山の魅力的なお話に、みんな興味津々です。
初めて見たり触れたりするしかけ絵本の数々には、子どもから大人まで驚きが隠せません。新しいしかけを目の前にすると、「おお!」「すごい!」と言った感嘆の声が漏れました。

HP用②.jpg

続いて嵐田さんが事前に作られた見本とともに、しかけの作り方を解説いただきました。色とりどりのカードを見れば、子どもたちの期待は高まります。
すぐに実際のしかけ作りへと取り組みました。

HP用③.jpg

初めの内はなかなか思うように進められない子もいましたが、嵐田さんに聞きながらどんどん自分のイメージを形にしていきます。作っていく中で新たなアイデアが出てきたり、時には失敗すらも面白いしかけに変わったり、集中しながら楽しく作りました。

HP用④.jpg

子どもたち以上に、大人が真剣になってしまう場面もあり、それだけしかけ作りは、単純なようでとても奥が深いものです。

HP用⑤.jpg

時間はあっという間に過ぎてしまい、まだまだ作り足りない人も居る中ではありましたが、最後にはみんなで他の人の作品の鑑賞を行いました。

HP用⑥.jpg△くちばしが動くひよこさん

HP用⑨.jpg△実際に弾けちゃいそうなピアノ♪

HP用⑦.jpg△ケーキでお誕生日をお祝い

HP用⑧.jpg△大きく羽を広げたくじゃく

画用紙にのり、はさみ、ペン...みんなが同じ材料を使っているはずなのに、出来上がった作品には個性が光ります。自分以外の作品を見ることで「次はこれが作りたい」「こんなしかけに挑戦してみたい」と、ますますやる気が生まれたようです。
是非、おうちでも作ってみて下さいね!

今度の教室は7月15日(土)「わたしだけの夢のお城作り」、7月22日(土)「湘南の風でくるくる♪きらきら♪」を予定しています。
詳しくはHPやポスター等のお知らせをご確認下さい。

交流事業

交流事業とは、茅ヶ崎市内に在住する小学生を対象に、主に土曜日・日曜日の子どもの居場所として、クラフト教室や科学教室などを開催する事業です。

交流事業について