9月14日、9月21日、9月28日の3日間にわたり
南極について学ぶ「南極ってどんなとこ?」を開催しました。
講師は元南極観測越冬隊の稲森康治さんです。

IMG_0013.JPG

第1回「南極のなぜなぜ」
南極ってどこにあるの?なんで寒いの?
そんな疑問を教わりながら、南極の石を実際に触ったり
南極の氷で実験をおこなったりしました。

IMG_0031.JPG

第2回「ふしぎな世界~しぜん~」
南極にいるアザラシや、ペンギン、鳥などの動物や、オーロラについて学びました。
赤ちゃんあざらしはとてもかわいかったですね!

IMG_0656.JPG

静電気と磁石と蛍光灯を使って、オーロラを作る実験もしました。

IMG_0670.JPG

第3回「観測そしてどんな生活?」
南極では空・陸・山の上・氷、様々なところから観測を行うことや、
南極での暮らしぶりを学びました。

IMG_0006.JPG

今回参加したみんなには、南極からお手紙が届きます。
今からとてもたのしみですね!

IMG_0015.JPG


次回の交流事業
10月12日(土) 日本の昔話おはなし会
10月19日(土) たのしい科学教室「ひかりと色」

是非ご参加ください♪

交流事業

交流事業とは、茅ヶ崎市内に在住する小学生を対象に、主に土曜日・日曜日の子どもの居場所として、クラフト教室や科学教室などを開催する事業です。

交流事業について